神奈川県川崎市宮前区小台2-6-2ラポール宮前平3F
漢方・西洋総合クリニック 医療法人社団 東方会

東方医院

044-888-2137
医師の紹介
「治したい」あなたの気持ちに応えたい。

労災・交通事故他、各種保険適応

医師の紹介

ご挨拶

「先生、私、治りますか?」
医師として20年以上の歳月が経ちましたが、どれほどたくさんこの言葉を耳にしたことでしょう。その切実な思いにお応えするべく実践してきたのが、東方医院ならではの総合医療です。たとえご来院時の症状が似ていても、病気の原因は千差万別。患者さんの体質や生活習慣・環境などのちがいにより、治療方法は変わってきます。

「漢方は人間を診て、西洋医学は病気を診る」とよくいわれます。それぞれに秀でた東西の医療の長所を結ぶことにより、治療方法に幅広さと奥深さが出るのではないでしょうか。ですから当院では、西洋医学の優れた検査方法を用いると同時に、漢方の伝統手法である弁証(望診や脈診などを含む総合診断)を行ったり、漢方薬を軸に新薬を組み合わせて処方するなど、内科、皮膚科、婦人科、整形外科の各科で独自の方法を展開し、効果を高めています。

お悩みをお抱えの方は「診療の案内」のページをご参照ください。また、トップページでは日々の診察の様子を「外来日記」としてつぶやいています。ぜひご一読いただき、当院の総合医療の一端をイメージしていただければ幸いです。

私は毎年3、4回、漢方・西洋医学を総合する最新技術や情報収集のため上海、広州、北京各地へ視察に出掛けています。漢方と西洋医学、この両輪こそ欠かせません。

一人でも多くの患者さんの笑顔を見られるよう、「日々研鑽」を心に刻み、励んで参りたいと願っています。

院長 佐々木健一

院長略歴紹介

  • 1983年 中国南京医科大学 医学部卒業
  • 中国の医大付属病院内科医として勤務
  • 1989年(平成元年)来日
  • 1991年 日本鍼灸師資格所得
  • 2001年 日本の医師国家資格取得
  • 広島県内の病院にて勤務医
  • 千葉県内のクリニックにて勤務医
  • 2003年 東方医院開業
  • 2013年現在 開業してから10年間総合内科医、漢方総合医として、臨床経験を重ね、西洋薬・漢方薬を組み合わせた総合医療を目指し、患者さん一人一人にあった治療を提案してきました。難病や難治性慢性疾患に対する新しい治療方法に対して日々研究を重ねています。