神奈川県川崎市宮前区小台2-6-2ラポール宮前平3F
漢方・西洋総合クリニック 医療法人社団 東方会

東方医院

044-888-2137
お知らせ・外来日記
「治したい」あなたの気持ちに応えたい。

労災・交通事故他、各種保険適応

トピックス

便秘

2013/04/10

便秘とは・・・?

大腸内に便が停滞した状態を言います。

個人差はありますが、排便がある場合でも、便が出にくく硬い状態も便秘と言います。

便秘のうち、特定の病気が原因でおこらない機能性便秘が、

慢性となったものが、いわゆる常習性便秘で、多くの方がこれにあたります。

弛緩性便秘・直腸性便秘・痙攣便秘に分類されます。

便秘が続くと、排便しても硬いため、痔になりやするなる・ニキビや吹き出物ができる・

肥満になる・気分が優れず不快感があるなどの身体全体への悪影響が出ます。

そして、意外と知られていませんが、便秘は、排尿(頻尿・尿漏れ)にも関係します。

便秘になると、停滞した便が膀胱を圧迫するため、尿意を我慢しにくくなります。

さらに、骨盤底筋(尿道を締める役割を持つ骨盤の底の筋肉群)も圧迫するため尿が漏れやすくなったりします。

尿漏れや頻尿で困っている人は、日頃から水分を控えてしまうので、便秘になりやすくなってしまします。

毎日の「快便」ですっきりした日々を送るために漢方で便秘対策をしましょう!

漢方治療は、乱れた腸の働きを整え、正常な便通を取り戻すのに優れた効果があります。

また、常習性便秘などで、西洋薬の下剤が合わない方は、漢方の方が使いやすい場合があります。

【自分でできる便秘対策】

①食事

 食物繊維が多い食事を心がけましょう。

 タンパク質(肉)中心から野菜・くだもの・いも・豆類・海藻を中心にしましょう。

②運動

 大腸の筋肉を動かすように、適度に運動をしましょう。

③リラックス

 定期的にゆっくり深呼吸をし、リフレッシュする時間を作りましょう。

④排便習慣の意識

 食後などに便意がなくてもトイレへ行き、排便の習慣を作りましょう。

 排便姿勢・・・やや前かがみになってかかとを浮かす「考える人」のポーズは、

 実は排便に理想的な姿勢です。(いきみやすい姿勢)


Information
  診療時間

AM 9:30~12:00

 (土曜は12:30)

PM 3:00~6:30

  休診日

水曜、土曜午後、日祝日

 アクセス

当院へご来院される方は、こちらをクリック

»  アクセスマップ