神奈川県川崎市宮前区小台2-6-2ラポール宮前平3F
漢方・西洋総合クリニック 医療法人社団 東方会

東方医院

044-888-2137
お知らせ・外来日記
「治したい」あなたの気持ちに応えたい。

労災・交通事故他、各種保険適応

トピックス

豆知識    ~花粉症と1年中のアレルギー体質

2016/02/19

 花粉症を患った方は年々増加しています。近年の増加傾向はスギ花粉が原因とも言われています。

 

 花粉症の症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」という鼻に現れる症状です。

また、眼に現れる症状として、かゆみ、なみだ目、結膜の充血なども多くみられます。 重症になると、食欲不振、胃腸不調、頭重感、全身倦怠感あどの全身症状もみられます。

風邪との違いは、連続したくしゃみ、鼻水がさらさらと流れるように出てくる、発熱や咽頭痛が無いという点です。

花粉症になると、毎年花粉の飛散する時期に、決まって同じ症状を繰り替えるようになり、飛散量が多い程症状は重くなります。

 花粉症が出るのは、花粉が鼻や目の粘膜に付着することです。粘膜にある細胞が花粉を異物として認識すると抗体ができます。

花粉を認識した抗体は(獲得免疫と言います。)、細胞を刺激して化学物質を放出させ、花粉を追い出そうとします。その反応が鼻粘膜を刺激してくしゃみを起こさせ、鼻水で花粉を洗い流そうとしているのです。

花粉の症状は、花粉を体の外に追い出そうとする体の反応です。 つまりは免疫の過剰反応と言えます。

 治療は花粉が飛散する前から体質改善のための漢方を飲んで、免疫の安定化をサポートします。漢方の力で基礎の免疫をつくる、充分な睡眠を確保する、腸のバランスを整えることが、花粉の時期、一年を通してのアレルギー症状を抑えることができます。

☆花粉の飛散☆

スギ・・・・・・・2下旬      ブタクサ・・・・・9月上旬

ヒノキ・・・・・・3月下旬    ヨモギ属・・・・・8月下旬

シラカバ科・・・4月上旬   カナムグラ属・・9月上旬

イネ科・・・・・5月上旬   


Information
  診療時間

AM 9:30~12:00

 (土曜は12:30)

PM 3:00~6:30

  休診日

水曜、土曜午後、日祝日

 アクセス

当院へご来院される方は、こちらをクリック

»  アクセスマップ